PAK85_minnashitamukiesk20150107071348500

トヨタ、三菱東京UFJ銀行、サイバーエージェントの年収を見て思うこと

日本一の企業、トヨタ自動車株式会社。就活人気企業ランキングNo.1の株式会社三菱東京UFJ銀行。そして日本を代表するIT企業、株式会社サイバーエージェント。3社の年収や勤続年数を比較して思たことをお伝えできればと思います。

Pocket

日本一の企業、トヨタ自動車株式会社。就活人気企業ランキングNo.1の株式会社三菱東京UFJ銀行。そして日本を代表するIT企業、株式会社サイバーエージェント

この3社の比較を見ながら思ったことをお伝えできればと思います。

 

トヨタ、三菱東京UFJ銀行、サイバーエージェントの平均年収・平均勤続年数・従業員数・平均年齢

平成26年(2014年)の数字を並べてみます。
三菱東京UFJ トヨタ自動車 サイバー

平均年収

 798万円

 794万円

 720万円

平均勤続年数

 14.9年

15.0年

 4.1年

平均年齢

 38.2歳

 38.8歳

 30.7歳

従業員数

  37,527人

68,240人

1,653人

 

調べてみて思ったこと

三菱東京UFJとトヨタの平均年収はほぼ同水準。

一方サイバーエージェントは720万円となっていますですが、

平均年齢は 30.7歳なので、年齢を考慮すると大きな差はないと考えられます。

 

このような調査やインタビューを繰り返していて思うことは、

やはり自分の興味がある業界や業務内容を突き詰めてキャリアを選択していくことが一番いいのではないかということです。

労働時間単位や昇進を考慮すると差は出てくるかもしれませんが、とはいえ楽な仕事なんてないはずです。

 

転職するにしても提示される年収は一定期間のみのもので、

その後は会社の評価に準じて年収が決まって行くことになります。

結局、評価をを得るためには結果を出す必要があり、

そのためには自分の仕事やサービスに誇りを持ち、楽しむ必要があると考えています。

数字だけに踊らされることなく、自分の興味があること、好きなことがわからないという人も、

キャリアを通じてそれを考え続ける、そして仕事にしていく(しようとし続ける)のが一番だと思うわけです。

Pocket