11081888_817576711663281_426269621_n

今までにない価値を!株式会社マネタイズ 足立成彦さん

デジタルマーケティングを武器に事業を展開する株式会社マネタイズ。飲食店が無料で簡単にホームページを作るためのWEBサービス「favy」が多くのメディアに取り上げられ話題となっています。そんな株式会社マネタイズでディレクターとして活躍する足立成彦さんにお話を伺いました。

Pocket

デジタルマーケティングを武器に事業を展開する株式会社マネタイズ。

昨年新たに開始した、飲食店が無料で簡単にホームページを作るためのWEBサービス「favy」が多くのメディアに取り上げられ話題となっています。

そんな株式会社マネタイズでディレクターとして活躍する足立成彦さんにお話を伺いました。

やりたいことをベースにキャリアを歩み続ける歩むことの重要性を改めて感じるインタビューとなりました。

足立成彦さん

静岡県出身。日本大学卒。

大学卒業後、株式会社マネタイズへ入社。

ECサイト構築のプロジェクトや、大手クライアントのメディア集客プロジェクトへ参画し、

現在は自社サービス「favy」のプロジェクトリーダーとして、事業を牽引中。

−足立さんが株式会社マネタイズに入社した理由を教えてください。

タイミングが一番大きいと思います。

学生時代は友人数人と事業を起こし、活動していました。

友人はそのまま継続していますが、自分自身に起業に対する覚悟が足りなかったことと、能力的にも未熟だったため、就職活動を行なうことを決意しました。

実際いくつか内定をいただいていたのですが、自分のやりたいこと、会社とのモチベーションに少しズレがあったのでので内定を辞退しました。

そんな時に出会ったのが今の会社です。

面接を受けるとその場で、

「明日からインターン生として働かないか」

とオファーを出していただきました。

インターンを通じてこの会社であればやりたい仕事も、能力もつけられると思い、入社を決意しました。

 

−今お話にあがりました、やりたいこととは何ですか?

ウェブを用いたコンサルティングと新規事業開発の2つです。

ウェブマーケティングの重要性は学生の頃に事業をやっていたことから感じていましたし、

スキルとして身につけたいとずっと思っていました。

また、新規事業を立ち上げたいと思っていましたし、今も思っています。

その点、社員に仕事を任せ、自分たちで考えて進めていくこの会社の方針は入社前、大変魅力的に感じました。

 

−今の仕事の内容を教えてください

「favy(https://www.favy.jp/)」という飲食店のデジタルマーケティングを支援するサービスのプロジェクトリーダーとして、企画、設計、マーケティング、コンテンツ作成など、

サービス全体の設計を担当しています。

特に最近では、メディア構築に注力し、メディアのグロースハックに取り組んでいます。

これまでECサイト運営のサポート、リスティング広告の運用、某大手メディアの集客のコンサルティングを経験してきました。

 

株式会社マネタイズ_足立さん

 

−1日はどんな流れですか?

10時に始業で終業時間は18時です。

退社の時間はプロジェクトによってだいぶ違いますが、

その日の仕事を集中して終わらせて早めにあがる人が多いです。

私は今、複数のプロジェクトに携わっているのでだいたい22時くらいには会社を出ます。

 

−今の仕事をしていてやりがいを感じるときはどんなときですか?

数字という目に見える結果が出たときは嬉しいですね。

「favy」という自社のメディアは動かしてまだ1ヶ月ほどなのですが、

日々見てくれている人が増えていて非常に嬉しいです。

また、今までにはなかった価値を飲食店の方々が実感してくれているに提供できていることが、今の仕事の醍醐味です。

 

−最後に足立さんが描く今後のキャリアについて教えてください

まずは、いま進めている「favy」をスケールさせることが第一です。

数十万店舗という導入数を目指し、目の前の仕事にがむしゃらに取り組んでいきたいと思っています。

その後は、自分が発起人となって人のライフイベントや生活に変化をもたらすような、

サービスや事業を作りたいと思っています。

今もそうですが、将来的にも自分たちのサービスに愛着を持って仕事ができたらいいなと考えています。

求人情報はこちら
Pocket