4VTDQ367MU

斬新なCMでお馴染み!タマホームの業績・年収・勤続年数を調べました!

転職の際に年収や勤続年数などの企業情報は気になりますよね。 斬新なテレビCMで有名なタマホーム。求人にもかなりの投資をしています。 今回はタマホーム株式会社の平均年収、勤続年数を始めとした企業情報を調査しました。

Pocket

住宅企業らしからぬ斬新なテレビCMでお馴染みの、タマホーム。
最近(2015年12月)のテレビCMは、カッコイイBGMにキムタクがクラブでかっこ良く踊って、とにかく踊って、最後に「タマホーム」。ほとんどの視聴者が『えっ!?タマホーム!?』と驚いたことでしょう。

事業の方はというと、創業は1998年で、着々と支店数を増やしています。

今回はそんなタマホーム株式会社の年収・勤続年数・業績などの企業情報を調べてみました。

 

タマホーム株式会社の平均年収・平均勤続年数・平均年齢・従業員数

平均年収、平均勤続年数、平均年齢、従業員数から見ていきましょう。
2015年5月

平均年収

551万円

平均勤続年数

5.3年

平均年齢

38.0歳

従業員数

2,852人

 

全従業員のうち、7〜8割の2,430名が住宅事業という、一戸建て住宅を新築したいという消費者に対して建築までのサービスをおこなう事業に携わっています。

年収は551万円と、大手中堅企業の中ではそこまで高くはない水準です。

平均年齢は38歳ですが、平均勤続年数が5.3年と長くはなく、人材の流動性が高いといえます。

 

タマホーム株式会社の業績推移

2013年5月 2014年5月 2015年5月
売上高 152,323 169,528 149,570
経常利益 5,004 4,509 2,016
当期純利益 2,648 1,717 △641
(単位:百万円)

有価証券報告書からの引用です。

売上、利益ともに2015年5月期は前期と比べて下がっています。
売上は約1割減に対し、経常利益は約5割減、当期純利益はマイナスとなっています。

この減益の原因として、消費増税による消費者離れと、価格改定があると説明しています。

今後は、日本という高齢化・縮小市場の中で、住宅販売だけではなく、その周辺事業(リフォームや保険など)に力を入れて収益をはかっていくようですね。

 

今後どのような斬新なCMが見られるのかも含め、事業面でも継続して注目していきます!

 

※参考:タマホーム株式会社 有価証券報告書

Pocket