OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自由に生きるの実現のために。ストリートアカデミー 窓岡さんが目指す「得意」を生かせる社会とは?

「教える」と「学ぶ」をつなぐ スキル共有のコミュニティ・マーケットプレイス「ストリートアカデミー」を展開するストリートアカデミー株式会社。 今回は同社で執行役員として活躍される窓岡さんにインタビュー! 窓岡さんのこれまでのキャリアやストリートアカデミーの目指す世界をお話いただきました!!

Pocket

「教える」と「学ぶ」をつなぐ スキル共有のコミュニティ・マーケットプレイス「ストリートアカデミー」を展開するストリートアカデミー株式会社。

ビジネス・ITスキルから趣味・習い事まで、個人が主催する講座・教室・レッスン・ワークショップが3,900件以上掲載されています。

今回は同社で執行役員として活躍される窓岡さんにインタビュー!

窓岡さんのこれまでのキャリアやストリートアカデミーの目指す世界をお話いただきました!!

窓岡 順子さん

1980年生まれ。幼少期は関東、九州を転々として育つ。

広島大学卒業。総合科学部外国語専攻で入学し、2002年3月卒業予定だったが、経営やマーケティングの勉強をしたい一心で自ら半年間卒業を延長し、同大学経済学部で学ぶ。

同年9月卒業後、株式会社リクルート(現リクルートライフスタイル、現リクルートキャリア)に入社。営業、営業マネージャー、営業企画、人事教育などに従事し13年間在籍。

2015年4月よりストリートアカデミー株式会社へ入社。個人が主催するワークショップやセミナー、レッスンを受講者とマッチングさせる相互プラットフォームを運営する同社の執行役員として活躍。現在、講座掲載数3,900以上、累計受講者数32,000名を超える。

−本日はお時間いただきありがとうございます。

どうぞよろしくお願いします。

 

−窓岡さんのこれまでのキャリアを教えてください。

私は九州出身ですが、学生時代は広島大学に通っていました。

小さい頃から漠然とキャビンアテンダントを目指していたのですが、実際に就活を始めてから違和感を感じるようになり、もっと自由に生きたい、その為に今のうちに視野を広げたいと考え、留学を考えるようになりました。

起業にも関心が湧き、学生のうちに少しでも経営やマーケティングを勉強しておきたい、と、卒業を半年延期して、バイトで授業料を稼いで経営やマーケティングの勉強に励む傍ら、留学のための奨学金試験を受けて留学の道筋をつけ、周りより半年遅れの9末に卒業しました。

 

−留学はどちらへ行かれたんですか?
実は、結局留学行ってないんですよ(笑)

 

−ええっ。じゃあ普通に就職したんですか?

はい。卒業後間をあけず10/1からリクルートに入社しています。とはいっても9末に卒業した後、「留学まで一年弱あるしバイトでもいいから働こう」と思い、福岡でリクルートの契約社員になったのが始まりです。

街で無料配布する情報誌ホットペッパーの広告営業をしていました。一日30〜40件、飲食店に飛び込み営業をするんですけど、大変なことも多い反面、色々な人にお会いできるのが楽しくて。

私は入社当初から、仕事を通して一生付き合える人に出会いたい、と思っていました。「(毎日これだけ飛び込みをして)たくさんの人に会えれば、それだけ可能性が広がる」と思うと、仕事も飛び込み営業も苦ではありません。

ただ一方で、仕事やめたい、つまらない、と言っている大人にも多く出会いました。

私は休日もいらない、寝る時間ももったいないと思うほど仕事が好きで楽しくて没頭していましたが、この環境は貴重な環境なんだ、と気がつきました。留学はお金と覚悟があればいつでもできますし、今しかないかもしれないこの環境を大切にすべきだと考え、留学をやめ、奨学金も辞退しました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

−その後はどんなお仕事をなさっていたんですか?

留学を取りやめたこともあり、結果を出して精一杯やりきりたい!と思い、より目標を高く掲げて仕事をするようになりました。

2年がかりで全国通期MVPを獲得し、3年後に東京に異動、ホットペッパー渋谷エリアの営業リーダーになりました。

その半年後に湘南エリアのマネージャーに昇格し、そこで3年程働き、その頃に正社員にして頂きました。その後、本社の人事部に配属になって、全国1000人以上いる営業のスキルアップをミッションとして仕事をし、新人〜中堅向けの実務研修を体系化し、事業部に納品しました。

当時はまだ営業スキルは体系化されていなかったので非常に難しい仕事でしたが、私自身がずっと営業現場で仕事をしてきたので、各地のマネージャーを巻き込みながら、マネージャーにとって「使える」実用的な研修を作ることを心がけました。

現場の仕事のやり方はマネージャー・地域によってバラバラだったので、必要スキルの要件定義とそれに紐付いた実践的な研修を作成することによって、全体でのレベルアップと効率化を図ることに努めました。

 

−ではホットペッパー事業部に合計8年間いらっしゃったんですね。
そうですね、この時点で自分としてはやりたいと思ったことはやりきったと思えていました。そこでリクルートでやり残したことって何だろう?と考えたときに、経験したことのない人材系の事業に携わりたいなと思ったんですね。

異動願いを出し、試験を受け、HR系の法人営業部に配属になり営業の現場に戻りました。これまでの8年間が販促事業だったので、HR系の法人営業は初めてで、30過ぎてからゼロからのスタートなので苦労の連続でした。

 

そこから5年、結果的に13年リクルートで務めたことになります。
2015年4月にストリートアカデミーに転職しました。

 

−転職しようと思った理由やきっかけ、転職活動の期間を教えてください。

35歳という年齢になって、リクルートにこのまま働くにしても、キャリアチェンジをするにしても、「決断」しなきゃと思っていました。でも目の前の仕事はやりがいもありましたし、すぐに辞める理由があったわけではないので転職活動はしていませんでした。

そんなときに転職エージェントとして働く友人にばったり道で会って、そんな世間話をしたんですね。一緒に仕事をした時期があったので私の性格、得意なこともそうでないことも、知ってくれている友人です。その友人からしばらくたって、「ぴったりな会社がある!」と紹介されたのがストリートアカデミーです。

いい意味で、リクルートでは「こんなこともやらせて貰えるのか!」という仕事を任せて頂き、ただひたすらそれをクリアするために自分の課題に向き合って仕事をしてきましたが、これからは自分の得意なことや強みを生かした仕事でチャレンジを重ね、事業に貢献していきたいと思っていました。

また、自分の指針として、迷ったときは厳しい道を選択するということを決めていたことも大きいです。

ストリートアカデミーはベンチャーというより、全く今までにないビシネスを作っていく必要があるスタートアップ。

1人1人が会社の発展を左右する責任ある仕事になるだろうし、今まで安定した中でしか仕事をしたことがない自分が通用するかも全く見えない。キャリアチェンジをするほうが圧倒的に自分にとって厳しい道に違いないと思いました。

最近も思うことですが、いつも笑顔でいる人ほど、これまでにものすごい苦労を積み重ねて、壁を乗り越えた経験をしている。自分としてどう生きたいかの価値観になりますが、私は厳しい道を選ぼうと思いました。

 

−では現在の業務内容を教えてください。

一言でいうのは難しいのですが、開発以外の仕事の全般を担当しています。

会社として今後強化していく事業でもある法人事業の立ち上げに一番力を入れています。

営業はもちろん、先生方とのやりとり、納品といったようなプロセスはもちろんですが、どうしたら事業としてスケールできるかについて日々試行錯誤しています。また、現在ストリートアカデミーは東京メインでサービスを展開していますが、順次地方も強化していくので、地方へも度々赴いています。

その他、広報・PR・アライアンス・イベント企画、あとは採用や社内活性について考えたりと、何でも屋さんですね笑

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

−ストリートアカデミーではどんな講座が多いのでしょうか?

全国的にみて開催が多いカテゴリーはビジネス系、次いでWeb・IT系です。予約が多いのもこの2カテゴリーで、次いで写真、語学、ヨガなどが人気です。東京では、就業後に参加しやすいビジネス系講座が人気ですが、最近はそれ以外の趣味系、例えばDIYや美容、料理系も伸びてきています。

ストリートアカデミーのコンセプトは「気軽に教えて気軽に学べる」です。

人は何かしら得意なことがあると思うんです。それが特別な専門スキルではなくても、例えば靴磨きや包丁研ぎ、例えばぬか漬け講座や美味しいパンケーキ作りなど、好きなことで他人に教えられることってきっと誰しもがあるはずなんです。一人一人がそれに気がついて、好きなことで輝いて生きる人を増やしたいです。

 

−窓岡さんのやりがいはなんですか?

人との出会いです。私は前職の入社以来ずっと、友達、仲間、お客様、上司に支えられてきました。でもこれからは与えてもらっているばかりではなく与えられる人でありたいと思っていて。

自分自身が、相手にとって何かしらプラスとなる存在でありたいです。プラスというのは大きなことではなくて、なんだか楽しくなる!とかそういう小さなことでもいいんです。その為には常に自分自身を高めることが必要で、そういう意味でも、私に関わってくださっている人たちの存在が私のパワーの源です。

また、私は仕事柄ストリートアカデミーを利用してくださる先生や生徒さんに近い立場にいるので、直接お話をさせて頂くことが多いのですが、「教えることによって自分が学びを得られる」、「ストアカのおかげで新しいビジネスが立ち上がった」、「人生が変わった」などの言葉を頂くことが多く、それはとても嬉しいですね。

もともと私自身が、自由に生きたいと思っていることもあり、個人が自由に新しいことにチャレンジできる社会にしたいと思っています。教える、学ぶことはその一つの手段かもしれませんが、弊社のサービスとの出会いによって、一人でも多くの人が、自由に生き、新しいチャレンジをするようになればと思います。

 

−最後に窓岡さんの今後のキャリアビジョンを教えてください。

現在35歳、転職して半年ですが、40歳でこの仕事、と、定めている具体的なゴールはありません。

思っていることは、「10年後、人生で一番輝いていたい」ということ。社会貢献というと言葉が広すぎますが、ちゃんと周りの人の役に立っていたい。そのためにはまだまだ修行の日々ですね。

ストリートアカデミーの仕事としては、社会のインフラレベルに誰でも知っているサービスにしたいということですね。より多くの人に学びのきっかけを提供するために、地方や海外にも進出して「教える・学ぶ」コミュニティを広げていきたいです。

『ストリートアカデミー』はこちらから!

Pocket