4d83933a1ad550b1aac045772b2f0c42_m

絵本画家としても活躍中!低好感度No1芸人 キングコング西野が語る前進し続けるための才能とは?

みなさんご存知、お笑い芸人キングコングの西野亮廣さん。低好感度No1芸人として有名ですねよ。最近では『西野亮廣独演会 』をニューヨークで行ったり、絵本画家として個展を開いたりと活躍の幅を広げています。そんな西野さんが子どものために開催されたTEDxKidsで語った内容が深いんです!!

Pocket

みなさんご存知、お笑い芸人キングコングの西野亮廣さん。

ツイッターや番組内での発言が炎上する、低好感度No1芸人として有名ですねよ。

最近では2003 年から行っているただひたすら一人で90分喋り続けるトークライブ、『西野亮廣独演会 』をニューヨークで行ったり、絵本画家として個展を開いたりと活躍の幅を広げています。

そんな西野さんが子どものために開催されたTEDxKidsで語った内容が深いんです!!

 

向かい風も力に変えて前進し続ける

このトーク、約18分の内容なのですが、そのうち最初の13分はすべらない話。

いいことを話しているのはラストの5分だけ。ではどんなことをお話しているのでしょうか?

 

風を受けて進む。例えば追い風だったら帆を横にして、後ろからの風を受けてそのまままっすぐ進みますよね? で、向かい風だったら、なんか向かい風でも帆をええ感じの角度にしたら、前には進めないですけど斜め前には進める。

いちばん厄介なんがこの無風状態でさ、風が吹いてないときよね。風が吹いてないときのヨットって、進むのは本当に大変で、漕がなきゃいけない。風が止まっちゃうとヨットって進めない。

じゃあこれを人生に置き換えたときに、ヨットっていうのは、まぁ自分ですよね。風っていうのは、取り巻く環境。追い風っていうのは、例えば才能だったり、環境だったり。勉強がすごい得意だとか、運動が得意とか、お金持ちも才能かもしんないし、日本に生まれたっていうことも才能かもしんないね。勉強しようと思ったときに環境が整ってるから。それが追い風だと。

で、向かい風は何かといったら、まぁざっくりと言えば嫌なことだよ。コンプレックスになってることだとか、ストレスになってること。
例えば、チビだとかさぁ、なんか太っちょだとか。ブサイクだとかさぁ、運動ができないとかさぁ、勉強ができないとか、パートナーに恵まれてないとか。学校でいじめに遭ってるとか、嫌なこと。これが、向かい風。

でも、さっきのヨットの話じゃないけど、向かい風だって、帆の傾け方次第では全然前に進む力になる。僕はその帆を「お笑い」っていう角度にちょっと向けてみた。
途端、どうなるかって言ったら、世間からすげぇ嫌われてることも、笑い話にしてさ、こうやってしゃべったんだけども、相方がバカだっていうことも、笑い話にしてさ。

いや、俺、芸人なのよ。俺ね、これで飯食ってんの。そのマイナスの力を、ちょっと角度を変えて、進む力に変えて、飯食ってる。
これ逆にね、世間から嫌われてなかったら、相方がバカじゃなかったら、ジョーズでトラブルが起こってなかったら、ジュラシックパークで恥ずかしい思いしてなかったら、この前半10分ぐらいのお話って存在しなかった。みなさんのこの笑い声も聞くことができなかった。

でさ、俺が言いたいのはさぁ、向かい風も進むための才能なんだよ。すごい嫌なこともね。たぶん、チビとかさぁ、運動ができないとか、勉強ができないとかさ、恥ずかしいやん。
なんか隠したがるやん。友だちとなるべくおんなじ感じにしたいやん。嫌なことって消したいからさ。
でも消す必要なんて全然ない。もったいない、そんなん。せっかく向かい風が吹いてるんだから、これは消すんじゃなくて、利用した方がいいよっていうお話。ほら、日本一嫌われてる俺がさ、毎日ゲラゲラ笑ってさ、今日もヤーってやって……。

まぁともかくさ、俺が言うんだから説得力あるよ。風は消さなくていい、使えっていう話でした。

 

おわりに

向かい風を力にする才能。これが前進し続けるために必要な才能だと西野さんはこのトークでお話しています。

キャリアだけでなく、日々生活していれば向かい風を感じることも多いはず。

ただその風も、帆の角度を変えるだけで前に進む力になるわけです。

向かい風から逃げず帆の角度を変える方法を知っているかどうかは大きな差になってくるように感じます。

ちなみに元動画はこちら!前半のお話も面白いのでぜひチェックしてくださいね!!

Pocket