https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-MAX_sumahodon20141025170110-thumb-1000xauto-17807

ソフトバンク株式会社の年収・平均勤続年数を調べてみました!

転職を考えるとき、企業情報って気になりますよね。年収や勤続年数は特に。現在、お父さん犬で人気を集めている株式会社ソフトバンク。携帯業界シェア第三位となっています。そんなソフトバンクの年収や勤続年数を始め、企業情報を調査しました。

Pocket

今回紹介させて頂くのは、ソフトバンク株式会社です。

お父さん犬で人気を誇るソフトバンク。

携帯電話業界での売上高シェアは、docomo、auに続いて第三位となっています。

そんな、ソフトバンクの平均年収・平均勤続年数などをはじめとした企業情報を調べてみました!

 

株式会社ソフトバンクの平均年収・平均勤続年数・平均年齢・従業員数

はじめに、平均年収・平均勤続年数・平均年齢・従業員数を見てみましょう。
2012.3 2013.3 2014.3
平均年収 1,097万円 1,146万円 1,100万円
平均勤続年数 6.1年 6,7年 7.3年
平均年齢 38.3歳 38.9歳 39.5歳
従業員数 187人 185人 202人
全体的に増加傾向です。

従業員数が伸びていることから、採用を積極的に行ってると考えられます。

平均勤続年数も伸び、よい傾向が感じられます。

 

ソフトバンク株式会社の業績推移

次に業績推移を見てみましょう。
2012.3 2013.3 2014.3
売上高 3,202,536 6,666,651 8,670,221
経常利益 799,399 1,077,044 982,703
当期純利益 372,481 520,250 668,361
(単位:百万円)

 

携帯電話業界は、平成24年以降増加傾向にあります。

日本では平成23年ごろからスマートフォンが浸透し始め、その後は爆発的な販売数を記録しています。

当初から『iPhone』を扱っていたソフトバンクがシェア拡大に成功し、その後、KDDIが続き、対応に遅れた首位のNTTドコモが大きくシェアを落とすなどスマートフォンの登場により業界のシェア割合が一変しました。

現在では、格安スマホやポストスマホにも注目が集まっています。

スマートフォンの需要が停滞する中、次のヒット商品は何か、今後の動向に注目が集まります。

参考:ソフトバンク株式会社 有価証券報告書

Pocket