Schoo_top

皆が平等に学べる社会を目指して!株式会社スクー 赤根 浩平さん

「世の中から卒業をなくす」をビジョンとして掲げ、教育機会・学習機会の提供と拡張を目指す株式会社スクー。 今回は同社でエンジニアとして働く赤根浩平さんにインタビュー!グリーで未経験からエンジニアとなり、その後スクーで活躍している赤根さんの仕事や会社に対する熱い想いを伺ってきました!!

Pocket

「世の中から卒業をなくす」をビジョンとして掲げ、教育機会・学習機会の提供と拡張を目指す株式会社スクー。

先日はクラウドワークスさんとの事業提携も発表し、仕事で使える学びというコンセプトの実現に向け、成長を続けています。

今回は同社でエンジニアとして働く赤根浩平さんにインタビュー!

グリーで未経験からエンジニアとなり、その後スクーで活躍している赤根さんの仕事や会社に対する熱い想いを伺ってきました!!

赤根浩平さん

札幌出身。早稲田大学創造理工学部卒。

在学中からグリー株式会社でエンジニア内定者アルバイトとして勤務し、大学卒業後入社。

エンジニアとして非ゲーム領域の新規機能開発、既存サービスのシステム移管と再構築などを担当。

2014年4月に株式会社スクーにエンジニアとして参画し、クライアントサイドからバックエンドまで幅広く担当している。

−赤根さんのこれまでのキャリアについて教えて下さい。

新卒でグリーに入社するのですが、内定者アルバイトとして大学4年生のころから仕事をしていました。

内定者時代はSNS周りの機能の追加や改修を、入社後は既存サービスのシステム移管や新規機能開発などを担当していました。

グリーには内定者アルバイトを含めて3年間在籍し、その後スクーにジョインしています。

 

−赤根さんは学生時代からエンジニアを目指して活動されていたんですか?

学生時代、理工のソフトウェア工学研究室に在籍していましたが、エンジニアになるつもりはありませんでした。

エンジニアとしては未経験の状態ですね。

就職活動も総合職で応募していましたし、グリーも総合職での内定をいただいていました。

ただ、ネット業界におけるエンジニアの重要性は感じていたので、エンジニアという仕事自体にはずっと興味をもっていました。

内定者時代にエンジニア転向の説明会を受け、その後CTOとの面接でエンジニアに転向させて頂きました。

 

−エンジニアになることを決意した決め手を教えてください。

学生時代に長期インターンでウェブのコンサルをやらせていただいていました。

ただ、ネットの知識がない分、本当に上辺だけのアドバイスしかできないことにもどかしさを感じていました。

しっかり根底からエンジニアとしての知識をつけることで、選択肢を広げることができると思いエンジニアへの転向を決意しました。

 

−スクーとの出会いを教えてください。

友達に誘われて行った飲み会でスクーの代表と当時の技術責任者にたまたま出会い、その後も何度かお会いしている中で誘っていただき、

2ヶ月ほど悩みましたが転職を決意しました。

 

schoo1

 

 

−どのような点で転職を悩んでいたんですか?

最初は現在進行中の仕事もあったというのもありますが、自分自身のスキルにまだ自信がなかったというのが大きかったです。

グリーには優秀なエンジニアの先輩方がたくさんいたので、その中でもっと揉まれてからの方が良いのではないかと。自分のスキルを高めてから転職するべきではないかと思っていたので。

また、グリーはベンチャーとはいえ、コアとなるサービスが確立していたので企業として安定していました。そこから10人以下のスタートアップに転職するのは少し不安もありました。

 

−転職の決め手はなんでしたか?

「世の中から卒業をなくす」という会社のビジョンに共感したことです。

社会のインフラになるんだという壮大なビジョンですが、

教育は実際にインフラになり得ると直感的に思いましたし、スッと自分の中で落とし込むことができました。

先ほどもお話させていただいた通り、技術的な部分は不安な部分もありましたが、自分で学んでいくことのできる段階にはなったという意識がありました。

あとは自分次第だと思ったので、そうであれば自分のやりたいことを素直にやろうと考え、転職を決意しました。

 

−入社後はどのような業務を担当していますか?

主にアプリケーションの基盤周辺を担当しています。

これまで、全文検索機能やデプロイ周りの仕組みの入れ替え、分析基盤の作成を担当しました。

もちろん主要機能にも携わることもありますし、先日発表したクラウドワークスさんとの連携も担当させていただきました。

 

−1日の流れを教えてください。

全体の朝会の後に開発チームの朝会があります。このミーティングではタスクの確認や問題の洗い出しを行います。

その後は基本的にプロジェクトベースで、人数も少ないので、和気あいあいと開発しています。

夜は日によってまちまちです。基本的にはオフィスにいるのが好きなので、就業後や休みの日も自主的にオフィスで勉強をしています。

やはり新しい技術のキャッチアップやスキルの向上など、常に勉強し続けないとエンジニアとして終わってしまうので。

 

−入社の決め手となったのはスクーが目指すビジョンだというお話でしたが、実際に入社して感じたギャップはありましたか?

ビジョンに対する会社の考え方にはギャップはありませんでした。

ジョインして1年以上が経ちますが、会社として全くぶれないので自分の所属する会社ではありますが本当にすごいと思います。

 

schoo2

 

−スクーで仕事をしていてどのような成長がありましたか?

入社の際には不安だったスキル面ですが、スクーに入って成長していると感じています。

会社の成長が早い分、新しい機能がどんどん追加されていきます。

新しい技術を取り入れながら、いろいろなことにチャレンジさせてもらえるこの環境が自分を伸ばしてくれているのだと思います。

 

また、スクーにはウェブディレクターがいないため、企画を開発チームで行うことも多々あります。

数値を分析し、それを基に企画をして、モノを作り、また数値を見るという一連の流れを、良くも悪くも1人で行うことができます。非常に勉強になりますね。

 

−スクーで働いて感じるやりがいを教えてください。

ビジョンに近づいている感覚を常に持ちながら仕事をできることはやりがいに繋がっていると思います。

最近ですと、学んだことを実際の仕事に活かす株式会社クラウドワークスとの事業提携は非常に強くビジョンの実現に向けて前進したと感じました。

学習サービスを展開することでインプットの場は提供できているものの、

アウトプットする機会を提供できていないという課題を持っていました。

クラウドワークスさんと提携することで、学びのアウトプットとしてだけでなく、仕事の受注まで行うことができます。

仕事に活きる学びをコンセプトとしている私たちにとってこの連携は価値のあることだと感じていますし、またビジョンに向けて一歩前進したという感覚はやりがいに繋がっています。

 

−これまでのお話の中で、ビジョンに関するお話が何度もありましたが、赤根さんのビジョンに対する共感度の高さはどこから生まれてきているんですか?

自分自身、未経験からエンジニアになるにあたって、学ぶ機会が多くありました。エンジニアになるハードルは高いと感じています。

私はグリーという会社のおかげでたまたまエンジニアになることができましたが、グリーに入社していなければエンジニアになっていなかったのではないかと思います。

学ぶ機会が与えられないことで、「なりたいけどなれない」、「向いているけど気づかない」、といった状況をなくしたいですね。

平等に学びの機会を提供し続けることでなりたい自分になれる社会を私自身、純粋に作りあげたいと考えているのだと思います。

 

−最後に赤根さんの描いているキャリアビジョンを教えてください。

とにかく今は「世の中から卒業をなくす」というスクーのビジョンを達成したいです。そのプロセスで私自身も成長していければいいですね。

エンジニアとしてスキルをつけていきたいのはもちろんですし、データマイニングのところも勉強していければと考えています。

長期的な部分はスクーのビジョンを達成した後に改めて考えようと思います。

 

−本日はありがとうございました。

求人情報はこちら
Pocket