テラスカイ_Top

仕事と趣味の両立を助けたい!株式会社テラスカイ 溝口大地さん

今回のインタビューはあの外国人お笑い芸人が勤めていることでも有名な、株式会社テラスカイ! 未経験からエンジニアに転職し、現在はいくつもプロジェクトを担当する溝口さんにインタビュー。 テラスカイの開発システムが可能にする「新しい働き方」についても語っていただきました!

Pocket

今回のインタビューはあの外国人お笑い芸人が勤めていることでも有名な、株式会社テラスカイ!
未経験からエンジニアに転職し、現在はいくつもプロジェクトを担当する溝口さんにインタビュー。
テラスカイの開発システムが可能にする「新しい働き方」についても語っていただきました!

溝口大地さん

27歳、神奈川県出身。

國學院大学経済学部を卒業後、新卒でスーパーマーケットに就職。情報システム部で業務をこなす傍ら、実業団の陸上部で活躍。その後同社を退職し、プログラミングはほぼ未経験ながら、株式会社テラスカイにエンジニアとして転職。現在は、大きなプロジェクトを担当することもあり、クラウドを利用したさまざまなシステムの開発に取り組んでいる。

 

−本日はお時間いただきありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

こちらこそ、よろしくお願いします。

 

−貴社の事業について教えてください。

Salesforce(セールスフォース)はCRMやSFAを行なう顧客情報管理システムですが、プラットフォームとして様々な機能を備えています。

それを用いて一からお客様の必要とするアプリケーションを作るのが、私たちの仕事です。

お客様が求める機能はもちろんそれぞれ異なっていますから、ヒヤリングするところからスタートして、設計に落とし、機能を実装して納品するところまで行っています。

金融、医療からNPOまで、本当に多種多様な業界で利用していただいています。

その結果、日経BP社「第10回クラウドランキング」のパブリッククラウド導入支援サービス部門で、6回連続でベストサービスに選出していただいています。

 

−溝口さんの業務内容を教えてください。

基本的にプロジェクト単位で仕事をしています。1人あたりが抱えるプロジェクトの数はお客様の要望や案件によって異なります。

ヒヤリングから保守運用まで行っているので、時期によってはお客様先に伺うこともありますし、社内で開発を行っていることもあります。

今はプロジェクトリーダーとして仕事をしているので、メンバーへの指示出しや、進捗確認も私の仕事です。

 

−テラスカイの特徴を教えてください。

クラウドのサービスのみを扱う会社であるが故に1つのプロジェクト期間が長くて半年と非常にコンパクトです。

開発スパンが長いと、開発途中で追加要望や仕様変更などが発生してしまい、その都度スケジュールに影響が出る、ということが少なくないと思います。開発スパンが短いということは、それだけ進捗のズレが少なくなり、当初の予定通りのスケジュールでプロジェクトを終わらせられることが比較的多いです。

 

加えて、Salesforceはプロトタイピングが容易であることから、お客様と開発予定の画面を確認しながら要件定義、開発を進められるので、お互いの認識のズレも最小限に出来るのも特長だと思います。

従って、他のSIの会社と比べると時間的な余裕はあると思いますね。

空いた時間で新たな技術をキャッチアップし、技術力を伸ばせると共に、それを案件に役立てることでお客様に更に良い価値を提供出来るようになるのは、エンジニアとしては非常に嬉しいです。

 

また、Salesforceはクラウドのサービスなので、場所を問わず仕事ができるのも特徴です。内容にもよりますが、お客様先ではなく、社内や在宅でも作業ができるというのが弊社の特徴だと思います。

 

テラスカイ_2

 

−テラスカイの社風について、どう思われますか?

自分たちでチャレンジできるフィールドが整っています。

私も実際にiPadアプリの開発プロジェクトに自らアピールしてアサインしてもらいました。

iOSアプリ開発は初めてでしたが、勉強をしながらプロジェクトを進め、最終的には大きく成長できたと考えています。今では個人でもAppleのApp Storeにアプリをリリース出来るようになりました。

挑戦する人を応援する社風は私の気に入っている点でもありますね。

 

さらに、私の要望で「テラスカイ陸上競技部」を新設してもらいました。日本陸上競技連盟の承認も降り、秋口からはトラック種目へ参加していこうと考えています。今は、休日や終業後に練習を重ねています。

中小企業で部活を持っているところは少ないのですが、その中でテラスカイは、一社員の要望を聞き入れてくれる柔軟性を持った会社だと思います。

 

−溝口さんのこれまでのキャリアについて教えてください。

國學院大學では駅伝部に所属し、箱根駅伝を目指し競技生活を送っていました。その後は前職の会社にスポーツ推薦という形で入社しました。

前職では実業団の陸上競技部に所属し、ニューイヤー駅伝出場を目標に競技を続けていました。その練習の傍ら、情報システム部の社内SEとしてもフルタイムで働いていました。

次のキャリアを考えるときに、もともとITがもたらすドキドキが好きで、IT業界の最前線で仕事をしてみたいと思い、未経験ではありますが、エンジニアとしての転職活動を始めました。いくつか企業の選考を受ける中で出会ったのが、このテラスカイです。

 

−1日の流れを教えてください。

朝、自宅周辺をジョギングしてから、9時半に出社します。時期によってプロジェクトの客先に出向いたり、一日開発していたり、ディレクションしていたりと様々です。

定時は6時で、平均1〜2時間残業して、毎日15kmオフィスから家まで走って帰ります。エンジニアは残業が多いと思われがちですが、締め切り前はともかく、普段は自分のペースで仕事ができます。

 

テラスカイ_1

 

―では、今後のキャリアビジョンを教えてください。

短期的には、目の前のプロジェクトを頑張ることですね。加えて、Salesforceの資格試験の中で最難関と言われているSalesforce認定のテクニカルアーキテクトの試験に合格することも直近の目標としています。

中期的には、Salesforceのモバイルアプリケーション開発という分野で常に最前線を走り続けることです。モバイルの市場は変化が激しく、まだ誰も明確な答えのようなものが出せていない状況です。その中で市場の旗振り役として活躍すると共に、モバイル開発という市場そのものの成長に貢献出来ればと考えています。

 

長期的には、「IT業界はブラック」という風潮を払拭したいです。

IT業界って聞くと「激務」「プライベートが殆どない」というイメージがありますよね。そういったマイナスのイメージを、クラウドという最先端の技術を使い、今までに無い新しい働き方を自分たちが提示することで、変えていけると思っています。

また、先ほどお話したように自分が陸上部の選手として活躍して、エンジニアとして仕事をしながらでもアスリートとしての生活も送れるんだということを証明したいですね。

「本当は陸上を続けたいけど、エンジニアになりたいから諦めてしまった」とか、「エンジニアになりたかったけど、陸上が出来ないから諦めてしまった」という人を1人でも減らすために、テラスカイ陸上競技部を「エンジニアと競技の両立」を実現させる為の基盤にしていきたいと考えています。

 

−新しい働き方とは、具体的にどういうことでしょうか?

「自分の好きなことをやりつつ、仕事も充実させる」という意味でワークライフバランスという言葉も浸透していますが、現実はまだまだですよね。

今の時代、「がむしゃらに働き、自分の時間は少ない」か「自分の時間を優先させた結果、定時に上がれるけど仕事のやりがいが感じられない」のどちらかの場合が多いと思います。

私は、仕事と自分の生活、両方を充実させられるような社会をSalesforceのようなクラウドによる仕事の効率化によって、少しずつでも実現していきたいです。

 

−お忙しい中、お話を聞かせていただきありがとうございました。 

こちらこそ、ありがとうございました。

Pocket