https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-TSU98_scbb-thumb-1000xauto-18150

高校卒業後に会社立ち上げ!?本田圭佑が語る経営論!

Pocket

本田圭佑は経営者?!!

 

クラブ買収

6月下旬、日本代表のFW本田圭佑が、欧州クラブを買収することがわかりました。

来季オーストリア3部のSVホルンで、本田がオーナーを務める所属事務所の「ホンダエスティーロ」が運営してます。

目標は、3季後の1部昇格と欧州チャンピオンズリーグ出場だそうです。

日本人の現役選手がクラブを買収することは初めてです!すごいですね…。

 

 

ホンダエスティーロって?

「ホンダエスティーロ」も本田が星稜高校を卒業し、名古屋グランパスにいたときに立ち上げています。

ホンダエスティーロがどんな事務所か知っていますか?

ホンダエスティーロは本田がオーナーを務めるマネージメント事務所で、

スポーツ選手のマネージメントやサッカースクールのコンサルティングを行っているんです。

ここには、本田のほかにゴルファーの大堀裕次郎が所属しています!

 



 

本田圭佑の生き方

 

なぜ経営者に?

本田には自分の強みをわかっているから、どんな分野でも成功できるという自負があります。

本気で政治家を目指していたこともあるようです。

「政治家を目指していたら、話題になったりインタビューを受けたりして、そこそこのところまで行けたと思う。

でも、総理大臣になれるかはわからない、石原(慎太郎)さんほどの人だって総理大臣になれていないわけだから。

運や派閥といった要素も絡んでくる。そういうこともあって、政治家ではない世界の動かし方もある。」

その考えから会社を立ち上げるに至っています。

 

 

 決意を持って生きる

何かやろうと言ったときに、周りがついてくるのがリーダーシップ。それも才能のひとつですよね。

本田圭佑は、「失敗を“成功への過程”と捉えて突き進めば、道は開ける」という生き方をしています。

決意をもった瞬間、夢は目標に変わります。

決意を持つとは「結果に対する責任を自分で負う」ということで、そこに言い訳が入り込む余地を自ら取り除くことだと本田は考えています!

 



 

自分の道

夢が“叶う”のではなく、自らの努力によって“叶える”ものです!

本田は周囲の意見に耳を傾けながらも、人生に関わる最終決定権限は自分にあると考えています。

「自分の道は自分が決める」という姿勢が素晴らしいですね!

 

Pocket